DEAREI

DEAREI(でぇれぇ:岡山弁で凄いという意味) 最新情報はFacebookページへ 右のプロフィール欄のリンクからアクセスできます。

テクニカル講習会のご案内


平成25年11月10日(日)に大坂なみはやドームで開催される一般の方からアスリートまで参加されるテクニカル講習会に私も参加します。

今回のテーマは「走る・跳ぶ」

ご興味のある方はぜひご連絡下さい。

身体で変化を感じるのは面白いですよ。


1402100_480446812062793_1320148235_o
 

8月の海へ

久々ぶりの潜り

潜りの準備をしていると地元漁師の方が登場。

日本海だと「○△”#×*!!」と怒鳴られる可能性が高いが、ここは瀬戸内海。
「孫と海水浴するからお邪魔するよ!」と言って小さな砂浜の方へ。

私「いえいえ、お邪魔しているのはこちらの方です。」と言った会話を交わしながら準備完了。

前日雨が降っていたので、透明度を心配しました。しかも天気予報は曇り一時雨、しかも雷注意報。

しかし現地に到着すると、予想に反して透明度は良さそうだ。
天気も快晴。
実際潜って観ると、最高の透明度。
瀬戸内海は透明度が良い日でも緑がかった色をしているが、本日は青味がかっている。
最高の透明度、日本海レベルだ。

何処かの新聞に瀬戸内海は内海なので自浄作用は無い!という記事を読んだことがあるが、海域にもよるがこれだけの記録的大雨の影響を受けても綺麗になるということはまだまだ自浄作用があるのでは?と考えててしまうのは俺だけなのだろうか? 自浄能力のある海域が少ないということは言えると思う。
このような自浄能力のある海域が増えて欲しいと切実に思う。

綺麗な海を堪能しながらオカズにチヌを三枚突いて、今年見つけたお気に入りのポイントへ。

潜って岩にしがみついていると、アイゴの群れとチヌの群れが出迎えに来てくれた。年々、アイゴの数が増えているのを確実に実感する。

群れに囲まれながら周りをジ〜と見ていると、アコウが居た。

久々の再会(一年ちょっとぶり)。

小さいので見逃してやった(大きくなって帰って来いよ〜)。

見逃したアコウの先にもう一匹居た。

そいつに狙いを定めると、またアコウが居た。

複数出てきたので、数えてみると5匹。

3段構えで、手前2匹は40以下、真ん中一匹は40ちょい、奥2匹は50?

5匹と睨めっこすると変な気持ちになります。それでも狙いを定めて、奥は届かないので真ん中をゲット
(43cm)!

画像1

次に奥のボスクラスを狙うが、コブダイの邪魔が入ったり上手くいかず。

次にアコウをゲットするも38cmと目測を誤る(T . T)

今年見つけた良さげなポイントはアコウハイツになっていた。

次回、ボスに挑みたいと思います。

今回も海の恵みに感謝!!

自転車の降り方で疑問に思っていた事。

ある年齢以上の淑女の方に多い傾向なのですが、


ブレーキをかけて自転車を停車させる時に座ったまま止まるのではなく、自転車から飛び降りて立ち止まる方を見かけたことはありませんか?


人によっては降りながらブレーキをかけるので、見ている私にとっては転倒するのではないか!?制動距離が伸びるのでぶつかるのではないかと見かける度にヒヤヒヤしています。


自転車での転倒により、大腿骨頸部骨折等(股関節を構成する骨)を負傷する方は多く、


この骨折は転倒して身体の横つまり腰の横を打ちつけた時に良く見られます。


ここを骨折すると痴呆になりやすいあるいは進行すると言われています。


ここでは詳しい事は記しませんが、ネットで検索すると表示されます。


もし転倒して骨折するにしても、大腿骨頸部骨折だけは避けてほしいと常々思っているので、上記の停車をする方を見る度に冷や冷やします。

偶然、患者さんがそのような降り方をしていたので思い切って尋ねてみました。

患者さん曰く、

幼い頃、自転車は高級品だったのでお兄ちゃん、お姉ちゃんや両親の自転車を借りて乗っていた。その為、サドルがとても高いので止まると足が届かず、停車寸前に降りて止まる停車方法になり現在に至るとのことだった。

原因は人それぞれなので、多くの理由の一つとは思うけど思わず唸ってしまった。

尋ねてみないと永久に分からなかったと思います。

子供の頃の癖は大人になっても色濃く残るもんですね。

italy1151

画像はヴェネチアで会った自転車に乗ったイケてる紳士。

こんな歳の取り方しないとね。




8月休診のお知らせ

本日7/5(金)当院横の公園で一番蝉が鳴きました。

いよいよ本格的な酷暑が始まりそうですね。

さて、当院のお盆休みの日程が下記の通り決まりました。

御盆休み

8/11(日)〜15(木)とお休みさせていただきます。

よろしくお願いいたします。









 

久々に海へ

4月に海へ行った時に透明度が良かったので、普段は透明度が悪くて恐怖心で行く事が出来ない少し沖合のポイントも探索してみました。

その時は水温が低かったので、魚はほとんどいませんでしたが海底の地形から 魚が好きそうな良さげなポイントを見つけました。

その見つけたポイントへ今回行ってみました。

良さげなポイントは良いポイントになっていました。

石鯛、チヌ、スズキ、大きなカサゴやメバル等が泳いでいました。

DSCN5113


突果は石鯛41cm、メバル×3

逃した魚 スズキ、ウマヅラ

恥ずかしながらウマヅラを逃してしまいました。

4月に比べると透明度がかなり落ちていました。

航路の浚渫の影響では・・・との噂が流れていますがどうなんでしょうね!?

瀬戸内海は流れが複雑なので、大雨が降っても綺麗な時があったり晴れが続いていても透明度が悪い時もあるので海況を読むのはとても難しいです。

次回も楽しみに期待して行きたいと思います。



 

6月休診のお知らせ

近畿インターハイサポート活動の為、

6/14(金)バランス治療はお休みさせていただきます。 

鍼灸治療は休まず施術しております。


陸上競技

 

ご迷惑お掛けしますがよろしくお願いいたします。


予約の連絡・変更は随時受け付けております。

しらかわ整骨院 086−243−8003

5月休診のお知らせ

兵庫県インターハイサポート活動の為、


5/31(金)バランス治療はお休みさせていただきます。 

鍼灸治療は休まず施術しております。


DSCN3892
 

ご迷惑お掛けしますがよろしくお願いいたします。


予約の連絡・変更は随時受け付けております。

しらかわ整骨院 086−243−8003


潜り初め!!

昨年、岡山県の条例が変更され魚突きが禁止になってしまいました(悲)

決められた以上は、規則に従わなければなりません。

地元岡山の離島航路フェリーを良く利用してきましたが、もう利用することは無いでしょう。

隣県での魚突きは禁止されていませんが、一人一人が規則を守っていかないと将来が心配です。

冒頭から暗い話題でしたが、海の中は賑やかです。

水温は例年よりまだまだ低いけど、待ちに待ったシーズン開幕!!

この時期の瀬戸内海は比較的透明度が高く、5〜6m底がはっきりと見える。

外洋に比べると透明度は低いけど、魚突きには十分です。

水温は低くても潜って直ぐに沢山のチヌが挨拶に来てくれます。

バシュッ!!と幸先良くゲット。

画像1


チヌ43cm

また潜ると沢山のチヌが再び挨拶に来てくれます。

バスッ!!

うん!?バスッ!?引きゴムの金具が外れてしまい、これでは突くことが出来ません。

そんなこともあろうかと予備の引きゴムを用意してました。

引きゴムを装着し潜るとまたまたチヌ軍団襲来!!

バスッ!!

うん!?・・・バスッ!?・・・まさか!?・・・・・・・・・・・・・終了(T . T)

メンテナンスはしっかり実践しないといけませんね。

やったつもりになっていました(悲)

魚突きが30分で終了したので、フェリー乗船時間までの3時間を海底調査に費やしました。

新たな良さげなポイントを開拓したので、次回に期待。

こんな日に限って岩下で正面向いてホバリングしている大きな魚を発見。

50cm級のアコウ!?と思った矢先、反転するとスズキでした。

スズキもホバリングするんですね。

DSCN5001


チヌの匂いがべったりと着いた手で「やるやる詐欺」を実践するも懐きもしないし見向きもしない猫。















フィードバック

自動車メーカーがレースに参加するメリットとは、

極限状態で行われるレースから得られるデータやノウハウをそのまま市販車にフィードバックすることで、より消費者に満足される製品を開発するための手助けとなる相乗効果が期待される(wikipediaより抜粋)


とあります。


つまり、300kmで走れる能力がある100kmと150kmで走れる能力がある100kmでは同じ100kmでも質が違ってきます。乗り心地を良くする、快適度をあげる等の差に繋がって来ます。


その為、レースの技術が普段使いの車の質の向上に繋がります。


nyuru


私はインターハイや国体のトレーナーサポート活動の為に、院を休ませて貰う事が度々あります。


施術を通してスポーツ選手の身体を動きやすいベストのコンディションに持っていくことは、例えが悪いかもしれませんが走りを追求する自動車レースと同じように考える事ができるのではと思います。


大会等のサポート活動を通して選手の身体を走りやすく動きやすいベストコンディションに持っていく施術を院の患者さんにフィードバックすることで患者さんの痛みの改善はもちろん、身体の動きが変わることによる日常生活や労働作業における快適度の向上、疲労度の軽減をさらに上のレベルで体験していただけると思います。

今年もサポート活動で休ませて貰う事が度々あるとは思いますが、よろしくお願いいたします。



春の嵐の所為!?

急激な寒暖差、天候の変化によって例年とは違う傾向がみられます。


いつもこの時期は、スポーツ選手ならばシンスプリント、肉離れ等。一般の方は寝違いやギックリ腰、不定愁訴等が多い傾向でした。


今年は、スポーツ選手から一般の方まで圧倒的に多いのがだるさ、頭痛等の不定愁訴等です。


施術を通して感じた点は、身体が急激な天候の変化つまり気圧の変化に対応できていないことです。


自分の鼻をつまんで耳抜きできますか?

両方の耳が抜けないあるいは、左右時間差で抜ける方。


要注意です。


上記の方は気圧の変化に対応しにくい状態です。


当院では、気圧の変化に対応できる対策・施術を実践しております。


思い当たる方は、我慢せずに対策・施術を受けましょう。


DSCN4922


画像は宇野のチヌ。ブログ内容とは全く関係ありません。院長の趣味です。





Profile
白川 徳賢

BC TOTAL BALANCE SYSTEM を通して日々皆様の健康を考え、乳幼児のバレエ選手から国体選手、年配の登山家までスポーツ傷害の早期回復はもちろん傷害予防指導から体調管理まで幅広くサポートさせて頂いています。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Recent Comments
Subscribe with livedoor Reader
Recent TrackBacks