久々ぶりの潜り

潜りの準備をしていると地元漁師の方が登場。

日本海だと「○△”#×*!!」と怒鳴られる可能性が高いが、ここは瀬戸内海。
「孫と海水浴するからお邪魔するよ!」と言って小さな砂浜の方へ。

私「いえいえ、お邪魔しているのはこちらの方です。」と言った会話を交わしながら準備完了。

前日雨が降っていたので、透明度を心配しました。しかも天気予報は曇り一時雨、しかも雷注意報。

しかし現地に到着すると、予想に反して透明度は良さそうだ。
天気も快晴。
実際潜って観ると、最高の透明度。
瀬戸内海は透明度が良い日でも緑がかった色をしているが、本日は青味がかっている。
最高の透明度、日本海レベルだ。

何処かの新聞に瀬戸内海は内海なので自浄作用は無い!という記事を読んだことがあるが、海域にもよるがこれだけの記録的大雨の影響を受けても綺麗になるということはまだまだ自浄作用があるのでは?と考えててしまうのは俺だけなのだろうか? 自浄能力のある海域が少ないということは言えると思う。
このような自浄能力のある海域が増えて欲しいと切実に思う。

綺麗な海を堪能しながらオカズにチヌを三枚突いて、今年見つけたお気に入りのポイントへ。

潜って岩にしがみついていると、アイゴの群れとチヌの群れが出迎えに来てくれた。年々、アイゴの数が増えているのを確実に実感する。

群れに囲まれながら周りをジ〜と見ていると、アコウが居た。

久々の再会(一年ちょっとぶり)。

小さいので見逃してやった(大きくなって帰って来いよ〜)。

見逃したアコウの先にもう一匹居た。

そいつに狙いを定めると、またアコウが居た。

複数出てきたので、数えてみると5匹。

3段構えで、手前2匹は40以下、真ん中一匹は40ちょい、奥2匹は50?

5匹と睨めっこすると変な気持ちになります。それでも狙いを定めて、奥は届かないので真ん中をゲット
(43cm)!

画像1

次に奥のボスクラスを狙うが、コブダイの邪魔が入ったり上手くいかず。

次にアコウをゲットするも38cmと目測を誤る(T . T)

今年見つけた良さげなポイントはアコウハイツになっていた。

次回、ボスに挑みたいと思います。

今回も海の恵みに感謝!!