2012年10月12日

2012 岐阜国体

縁あって今年も奈良県馬術チームをサポートさせて頂く事になりました。


今年で4年目のサポートになります。


サポート初日


会場は岐阜県山県市。岐阜駅に降りると急峻な山の上にある岐阜城が、まず目に飛び込んで来ました。

岐阜城と言えば、「美濃の蝮」の異名を持つ斎藤道三、戦国時代きっての名軍師竹中半兵衛、そして天下布武の織田信長と戦国時代の偉人の名前が浮かび、否応無しに気合いが入ります。


いざ、山県へ


現場に到着すると選手たちは明日の試合に向けての調整・馬の体調管理と忙しなく動いていました。
その合間の空いた時間を利用して選手のコンディショニング調整&ケガの施術をしました


明日の試合、監督・選手も台風が近づいているのでその影響を心配していました。

その日は薄晴れで風もなく穏やかでしたが、台風の影響で厩舎はこれから寒くなるのか、暑くなるのか、明日の馬場はどうなるのか?競技は予定通り実行されるのか?されないのならばどのような日程になるのか?

先を考えながら皆さん行動されていました。


そのような状況の中で明日の競技は台風の影響で午後は中止、午前のみの予定との連絡が入りました。


二日目


今日の競技は午前のみ。
早朝、昨日と同じく薄晴れで空だけを見ていると台風が近づいている気配は微塵も感じません。

競技は予定通り開始されました。


DSCN4700


二人入賞しました


午前の競技の終わりが近づくにつれ、だんだんと雲行きが怪しくなり

午後に入ると猛烈な雨に変わって来ました


午後はドコモ緊急エリアメールが鳴るほどの大嵐でした。

避難勧告!?ホテルにいた方が安全そうでした


3日目


昨日の嵐が嘘のように晴れ渡っています。


DSCN4701



競技も予定通り。


結果は二人入賞。しかも監督(兼選手)は2位!!


おめでとうございます


僕の中では優勝でした

コース取りも良かったし、流れも良かったのでその時点ではダントツのタイムでした。

しかし後発(前の選手達のコース取りを勉強できるので後が有利)にロンドンオリンピック出場選手が控えていて、非常に珍しい同着2位・(同タイム100分の1まで同じでした)とされ、その後山梨の選手がトップに立ち惜しくも2位でした。


流れが良い中、私のサポートの予定は終わり、後ろ髪を引かれる思いで監督・指導者の方々にご挨拶をして

岡山に向けて帰りました。


DSCN4710


撤収をする僕を見つめて馬も淋しそうでした

監督・指導者の方々と一緒に御飯も御馳走になり、馬術の世界についての面白いお話も聞く事が出来、とても勉強になりました。


ありがとうございました


帰り、岐阜駅で少し時間が有ったので、お土産を購入。


名古屋駅でもお土産を買おうと構内をウロウロしましたが、お土産屋が見当たら無い!?


名古屋駅ならば、絶対あるはず!!


駅員に尋ねると


「駅構内はそこだけです。外に出ないと残念ながら有りません。」


私「・・・・・・・」


思い込みはイケマセン。











この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/naoru/51847812

コメントする

名前
URL
 
  絵文字