関東での大雪で多くの人が転倒しケガで負傷との報道が大きく取り上げられていました。
岡山はここ数年積雪するほど積もっていませんが、いつ降って積るか分かりません。

雪道で転倒してケガをしない為に
雪に慣れていない私が雪国で経験した点を踏まえて記します。

・滑りにくい靴や冬季用長靴を購入
画像のように溝が深く柔らかいゴム底がお勧めです。
津山等の降雪地帯の靴屋さんでは品数豊富。
外見を気にしなければ冬季用長靴が一番(スパイクバージョンもあり)。

雪国での雪かきは皆さん冬季用長靴を履いて作業しています。
インターネットで注文する場合も長靴ならば各メーカーのサイズ規格の違いでも履くことが出来ます。


DSCN4875

・上記の様な靴が無い場合は外に出ない
これが一番、溶けるまで待つ。
岡山は積っても昼には溶けます。

・雪道用の靴が無くどうしても外出したい場合は靴にソックスを履かせる。
生地が厚く粗めがgood。

・歩行は小幅で歩き始めと止まりに注意
小幅で歩くと重心のブレが小さく靴底全体に体重をかけやすくなります。
速度は一定に保つ。歩き始めと止まる時は速度が変化するので転倒しやすい。

・雪が積っている所よりも凍っている所が滑り易いので、雪が無い路面との境やマンホールの上、駐車場出入り口等の車が出入りして圧雪して凍っている場所を歩行する時は要注意。

・盲点
建物内に入った時ホッとしてしまうが、、タイルと濡れた靴底は非常に滑り易いので注意。
特に画像の様な雪道用の溝の多い柔らかい靴底やスパイク靴は非常に滑り易い。

皆様、転倒してケガをし当院のお世話にならないようにお気をつけ下さい。