冬になるとやはり腰痛を訴える患者さんが増えてきました。12/4のブログギックリ腰(急性腰痛)に注意!! でお話しました。

それとは他にこの季節、顎関節症、顎関節脱臼も増える傾向です。

整形外科的には顎関節症、顎関節脱臼は女性に多い傾向ですが、当院はなぜか男性が多い傾向です。

上記のブログで寒くなると肩周りの動きが固まりやすくなると説明しました。肩周りが固くなると、首周りも固くなります。寒くなってくると肩をすくめて首を縮めますよね。縮むということは緊張するということになります。

首が緊張すると顎関節が不安定になってきます。不安定な状態で顎関節に過度なストレス(大きなあくび、大笑い等)がかかってくると痛めやすくなります。

時には外れることがあります。

顎関節症やクセになっている慢性的な顎関節脱臼の人は顎関節が動きやすくなるように首の緊張を取ってしっかりとした土台を作らなければなりません。

 よろしければクリックお願いします。→