寒くなってくると肩こりもそうですが、寝違いになりやすいですね。

寝違いの注意点は、

1)とにかく首を動かさないこと、無理にひねったりしない

2)首周りの筋肉をもみほぐしたり、叩いたり、引っ張ったりしない

3)なるべく寒気に当たったり冷やさないように

寝るときの姿勢ですが、仰向けならば枕は外して毛布等で背中から頭に向けて緩やかに上がるように傾斜をつけて寝て下さい。

横向きで寝る場合は身体と首がまっすぐになる高さの枕(普通の枕より高め)で寝て下さい。

以上の3点と寝るときの姿勢を守れば普通一週間くらいで徐々に痛みは遠のき首も次第に動くようになります。

一週間待てない!!と言う方は、施術を受ける事をお勧めします。

寝違いの原因は諸々の要因がありますが首を支える土台が不安定になることにより首がつっぱることにあります。

首を揉んだり叩いたり引っ張っても良くならないのは、その為です。

身体全体のバランスを心掛ける治療所を受けることを希望します

 よろしければクリックお願いします。→