2013年04月11日

春の嵐の所為!?

急激な寒暖差、天候の変化によって例年とは違う傾向がみられます。


いつもこの時期は、スポーツ選手ならばシンスプリント、肉離れ等。一般の方は寝違いやギックリ腰、不定愁訴等が多い傾向でした。


今年は、スポーツ選手から一般の方まで圧倒的に多いのがだるさ、頭痛等の不定愁訴等です。


施術を通して感じた点は、身体が急激な天候の変化つまり気圧の変化に対応できていないことです。


自分の鼻をつまんで耳抜きできますか?

両方の耳が抜けないあるいは、左右時間差で抜ける方。


要注意です。


上記の方は気圧の変化に対応しにくい状態です。


当院では、気圧の変化に対応できる対策・施術を実践しております。


思い当たる方は、我慢せずに対策・施術を受けましょう。


DSCN4922


画像は宇野のチヌ。ブログ内容とは全く関係ありません。院長の趣味です。





  
Posted by naoru at 17:39Comments(3)TrackBack(0)

2012年03月08日

春一番

岡山では、3月6日(火曜)に春一番が吹き荒れました。

それ以降当院の患者さんの身体の要素が激変しました。

それまでは身体の中で冬の要素が多く存在していましたが、

6日以降は春の要素を多く含んだ傾向の身体の患者さんが激増しました。

花粉が多く飛散していた日でも今年は平気だなぁと思っていても

春一番以降、急に花粉症の症状が出てきたあるいは酷くなったというのは、


身体のそうした変化がとても大きいと思います。



花粉症? / saksan



植物が芽吹き、冬眠していた動物が目覚め活発に動き始めるこの季節。


冬と同じ生活リズムを改め、日の出が早く日の入りが遅くなって日射時間が長くなったように少し早く起きて運動やスポーツをする時間を増やしていきましょう。

冬の生活リズムのままでは、倦怠感、だるさ、眠気にも襲われますよ。


上記を実践するだけでも、春の居心地は格別なものに変わって行きます。


  
Posted by naoru at 14:16Comments(0)TrackBack(0)