2011年05月31日

インターハイ兵庫県予選会サポート

天候はあいにくの雨、しかも肌寒いと言うことで選手にとっては悪いコンディショニングでした。

DSCN3247

画像は4×400mリレーで第一走者がスタートし第二走者が大雨の中待機している状況です。

ご覧の通りとても身体を冷やしやすい状態です。身体が冷えているとパフォーマンスを最大限発揮する事が難しくなり。ケガもしやすくなります。

このような天候状況なので、ボスより冷え対策のアドバイスを頂きました。

施術材料のひとつバームを使い胸腰移行部、腹腔、骨盤周りの重要ポイントを重点的に施術しました。

人間は冷えてくると肩が上がり力みやすくなってくるのですが、上記のポイントをしっかり改善していないと肩の力みは取れません。

施術材料に用いるこのバームを塗ってもらうと不思議と身体全体がポカポカしてきます。刺激物質で無理やり暖められるような作用ではなく正にポカポカです。当院の患者さんは、 正式名のバームと言わず 「赤ダマ、目玉、目玉のオヤジ。」と呼んでいます

アップや身体を動かして汗をかいた後、下着等のアンダーを着替えずそのままの選手が多く見受けられました。

濡れたままアンダーや下着を着続けているとせっかく暖まった身体が冷えてしまいます。

冷えてしまったら何の為のアップなのか。

アップした後は直ぐに着替えるように伝えました。

それだけでも、スタートまでのコンディショニングは違ってきます。

天候が悪くても地力のある選手は対応してやはり結果を残します。

選手の皆さん、ベストを出しましょう!!

キネティックフォーラムの先生方のサポート風景です。

DSCN3240


キネティックフォーラムの先生方の施術サポート画像です。

参加されました先生方、お疲れ様でした。
  
Posted by naoru at 00:04Comments(0)TrackBack(0)