DEAREI

DEAREI(でぇれぇ:岡山弁で凄いという意味) 最新情報はFacebookページへ 右のプロフィール欄のリンクからアクセスできます。

冷え

2011 インターハイ近畿予選会サポート

6月16日当院のお休みを貰い、近畿インターハイに行ってきました。

DSCN3268


あいにくの雨、しかも日中の最高気温が22℃とこの時期としては非常に肌寒い天候となり選手達には厳しい環境だったのではないでしょうか。

天候が悪いと言うことは、大番狂わせも起こりやすいということになります。

みんなが悪天候の影響を受けている中でしっかり調整して影響を受けずにベストを出す。

私はそういう方向で選手のお手伝いが出来るように施術・指導を心がけました。

天候の影響を受けている選手は下肢の張りや腰痛を訴える選手が多く見受けられ、施術を通して痛みが取れた後は冷え対策に重点を置いたアドバイスをしました。

今日のような寒い雨天の場合、アップをしてから競技までの待ち時間で身体が結構冷えてパフォーマンスを発揮出来ない場合が良くあります。 ましてやその待ち時間でアイシングをしている風景を良く見ます。

DSCN3270

テレビで良いから、医学的に良いからとアイシングがスポーツ現場で大流行ですがアイシング後にベストな状態で走れるのか私は疑問を感じます。





急性腰痛の患者さん増加傾向

4月25日(月)の一日だけで3人の急性腰痛(俗称ギックリ腰)の方が来られました。


冷え、疲れ、いろいろありますが皆さん共通して感じたのが、かなりかばった変な重心移動になっています。


その為、今季はややこしい状態の方が多く観られ、いつもより改善に手間取ったりしました。


ややこしい状態ではありますが、目の前に迫っているゴールデンウィークを当院のスローガンでもある元気でアクティブに迎えるためにも間に合わせます


当院ではゴールデンウィーク直前強化回復週間実地中です


せっかくのゴールデンウイークをゴロゴロで終わったらもったいない。 



 


 

慌てて冬仕度

火曜から急に寒くなりましたね。

その日の晩には、ファンヒーター、電気敷きマット等冬の支度を慌てて準備しました。

つい最近までは、患者さんと「まだ暑いなぁ〜」と会話していたのに、

水曜からは「ベッドが暖かくなったなぁ〜」と冬の会話をしています。

寒くなって患者さんの冷えの傾向が強くなってくると、当院の施術材料であるバームが大活躍してくれます。

このバーム(詳しく知りたい方はクリック)、普段当院では外傷等の熱や腫脹が激しい部位に基本的に使用していますが、冷えの対策としても使用しています。

よく温湿布を冷え対策で使用されている方をよく見かけますが、温湿布はカプサイシン(唐辛子に含まれている)という成分で暖かく感じますが、体温の上昇はありません。

さらに皮膚の弱い方はこのカプサイシンでかぶれたりする場合もあります。

バームの詳細な使用方法を述べることはここでは出来ませんが、当院の患者さんからは「身体全体がポカポカする」と好評を得ています。

Profile
白川 徳賢

BC TOTAL BALANCE SYSTEM を通して日々皆様の健康を考え、乳幼児のバレエ選手から国体選手、年配の登山家までスポーツ傷害の早期回復はもちろん傷害予防指導から体調管理まで幅広くサポートさせて頂いています。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Recent Comments
Subscribe with livedoor Reader
Recent TrackBacks