腰椎突然の激痛!!診断を受けると「この腰の痛みの原因はヘルニアです。」なるほど、ヘルニアだから痛いのかぁ。 それで納得していいんですか!! なぜ、ヘルニアになったのか?そこが大事じゃありませんか。 腰椎の添付画像の左が前、右が後ろになります。 注意深く見てください。腰椎椎体と椎体の間に灰色の椎間板があります。 椎間板の形と椎体の形を良く見てください。 前に拡がっている形というのが分かると思います。 ヘルニアは椎間板が後ろに出て神経を圧迫する現象です。 ??と思いませんか。前に拡がる形なのに後ろに出る・・・ 構造上後ろには行きにくい形なのに、なぜ後ろに・・・ この模型の形は正しい姿勢で腰椎は前に湾曲しています。 これが猫背になると、腰椎は後ろに湾曲してしまいます。 前に拡がる形の椎体と椎間板を後ろに湾曲させると・・・・ 絵を描いてみると良く分かります。 椎体と椎体の間がかなり拡がり、椎間板が後ろに出やすくなります。 これがヘルニアの原因です。 姿勢の悪さが原因ですが、姿勢の悪さの原因は人それぞれで、 以前捻挫した足首の硬さや生活習慣(いつもソファに横たわっている等)から来る場合もあります。 治療家の触診技術、観察力が優れていないと見極めることが出来ません。

  よろしければクリックお願いします。→